【auのMNP予約番号・スマホで取得】auのMNP予約番号を取得する手順と費用

auのMNP予約番号を簡単に取る。auから転出するときに必要なMNP予約番号の手続きから発行までを網羅。auから転出するときに必要なMNP予約番号について網羅しています。

auMNP予約番号を取る

auでMNP予約番号を発行すると手数料はかかる?

投稿日:

格安SIMは非常に月々の料金が安いとされますが、そのため3大キャリアから乗り換える人が増えています。
以前は少なかったのですが、格安SIM会社へも電話番号そのままに移行出来る場合が多くなりました。
3大キャリア利用者ですと、10年以上は普通に同じ電話番号を使っている人ばかりでしょう。
携帯会社を変えたいと思った時に考えられる心配と言えば、電話番号や保存してあるデータなどでしょう。
データはスマホだとそのままSD(microSD)カードなどを使えば良いので問題無いですが、電話番号はどうでしょうか?
MNPという仕組みでそのまま移行出来ますが、手数料は気になる所ですね。
auだとMNPの手数料は3000円に設定されていますが、MNP予約番号を発行しただけでは手数料はかかりません。

auのMNP予約番号とMNP転出手数料の関係性

会社によって違いますがauの場合はMNPの手数料は3000円かかります。
しかしMNP予約番号を受け取って、手数料がかからないというのはどういう事でしょうか?
実は手数料が発生するタイミングが違うという事なのです。
手数料は正確には「MNP転出手数料」と呼ばれていますが、MNP予約番号には数百円どころか1円もかかりません。
MNP予約番号を使って電話もしくはauのショップに提出して、それが転出先にMNPして初めて手数料がかかるという訳です。
しかしもし予約番号を使わず無効になってしまった場合、何か料金がかかってくるかと言えば何も起こりません。
つまり予約番号は0円でいつでも発行できる物で、あらかじめ発行しておいてベストのタイミングで乗り換えられます。

auでMNP予約番号を使用後にかかる手数料について

MNP転出手数料について間違えやすいのが、「新規契約事務手数料」という存在です。
大手キャリア・格安SIMどこへ行こうとも3000円がかかる訳ですが、auの転出手数料と同じ手数料ですから混同しやすいですね。
MNPは現在の携帯(スマホ)会社と転出先の会社との連携で成り立っているので、どちらともにお金を支払わなくてはならないのです。
MNP予約番号を「使用」した際に手数料はかかりますが、その先にも手数料を支払う必要があるという訳ですね。
転出先の会社で利用し始めて、最初の料金支払いで一緒に3000円(新規契約事務手数料)が含まれるパターンが見られますね。
全体の流れでの手数料支払いタイミングを確認して、MNPを活用する事が大切と言えます。

-auMNP予約番号を取る

執筆者:

関連記事

no image

auの予約番号、取り方の注意点と費用まとめ

auから格安SIMへMNPするには予約番号が必要 格安SIMって利用料金は安いですし、現在キャリアを使ってる人なら格安SIMにして月額料金を抑えたい人って結構いると思います。 でも、どうすればわからな …